Warning: Illegal string offset 'name' in /export/sd205/www/jp/r/e/gmoserver/0/7/sd0260007/blog.kouzemi.ac.jp/index.php on line 787

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /export/sd205/www/jp/r/e/gmoserver/0/7/sd0260007/blog.kouzemi.ac.jp/index.php:787) in /export/sd205/www/jp/r/e/gmoserver/0/7/sd0260007/blog.kouzemi.ac.jp/common.php on line 591

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /export/sd205/www/jp/r/e/gmoserver/0/7/sd0260007/blog.kouzemi.ac.jp/index.php:787) in /export/sd205/www/jp/r/e/gmoserver/0/7/sd0260007/blog.kouzemi.ac.jp/index.php on line 1627
‚::ブログ公ゼミ
■CALENDAR■
日 月 火 水 木 金 土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2020年11月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
  • RSS 1.0
  • 処理時間 0.516285秒

教養試験は難しすぎ?
 さて、学生や高校の先生方から、よく、
  「教養試験で何点取ればいいんでしょうか?」
 という質問を受けます。
  「だいたい60%前後、試験によっては50%や70%ぐらいですかねぇ・・・」
 と答えるのですが、すると公務員試験にそんなに詳しくなさそうな人から、
  「そんな低い点で合格できるんですか?」
 と(半分)不審そうな顔をされることがあります。
 それについて、公務員試験問題をつくっている財団法人の冊子に次のような文章が載っていました。
 「教養試験においては、全国の受験者全体のうちの平均的な者が、全40題の試験であれば20題くらいを正解できることが目指されています。これは採用試験においては受験者間に順位をつける必要があるからです。受験者のほとんどが高得点をとってしまうと、一次合格者の決定が難しくなる恐れがあるのです。」
 まあ、言い直すと、「複数の受験者が満点を取ってしまうような問題をつくってしまうと、その満点者の間ではもはや順位をつけることができない、そうなると試験として役に立たない。だから、基本的に満点が出ないぐらいの難易度にしなきゃいけない」って考えてますよ、ってことですね。
 つまり、「授業で習った内容だから100点を取ってほしい」という先生方の願いをこめてつくられる高校の定期考査とは、基本的に考え方が違う試験なわけですね。
 ちなみに、難易度を考えるにあたっては、「過去に実施した試験のデータ、新聞等各種メディアのニュース、学校での教育内容等を参考にし・・・、教養試験が特別な受験対策や準備を必要とするような試験にならないように注意して」いるそうです。特に高卒程度の試験については、大卒程度に比べ国社理数英の出題ウェートが高くなっており、高校での勉強が試験に反映されるように配慮されている、ってことのようですね。(したがって高校の授業をしっかり聞いていないのに、3年生になって急に「公務員になりたい」って言い出しても「難しい」ってことになりますね^^;)


| http://blog.kouzemi.ac.jp/index.php?e=1826 |
| | 05:54 PM | comments (0) | trackback (0) |
国家公務員 採用数動向
 さて、募集要項は配布になったものの、まだまだ採用数が出ない国家一般ですが、動向を占う大卒程度の採用予定数が次々と発表になっています。

 国税専門官(税務職の大卒採用) 2012年度560名 → 2013年度1115名 前年度比199%上
 財務専門官 2012年度62名 → 2013年度140名 前年度比225%上
 労働基準監督官 2012年度46名 → 2013年度150名 前年度比326%上
 皇宮護衛官(大卒) 2012年度18名 → 2013年度36名 前年度比200%上
 航空管制官 2012年度56名 → 2013年度78名 前年度比139%上

 ↑みていただいたとおり、どこも昨年比で2倍から3倍の採用数となっています。すでにこのブログでも述べたように、公務員抑制方針が変更された影響がストレートに出ていますね。
 
 また、国家一般(高卒)については、採用を予定している官庁が発表されています。九州についてのみおおまかに紹介しておくと、

 事務:法務省・検察庁・税関・海上保安庁・防衛省(地方防衛局/三隊など)・(特独)国立病院機構・(特独)駐留軍労務管理機構
 技術:国土交通省(地方整備局)・防衛省(地方防衛局/三隊など)
 農業土木(全国)/林業:農林水産省・林野庁・国土交通省

 となっており、昨年度に引き続き、海上保安庁での事務職採用が目新しいところとなっています。(基本的に、一昨年度までは海上保安庁で事務職の採用はなかった)

 昨年は国家公務員を目指す人にとっては大嵐だったわけですが、今年はかなり暖かい日ざしが差し込みそうです。 





| http://blog.kouzemi.ac.jp/index.php?e=1825 |
| | 02:10 PM | comments (0) | trackback (0) |
国家公務員、募集要項配布!
 さて、今日は、国家一般職・税務職の募集要項の配布開始日です。数年前であれば、公務員専門学校的にはドキドキバタバタする日だったのですが、私も朝はすっかり忘れていたほど・・・。
 なぜかというと、「採用予定数が募集要項に載ってない」から。日程はすでに2月の公告日に発表になってますし、願書の締切は6月でまだ先だし、何にも意味がない日になっちゃてるんですね。
 採用予定数が分からない試験を受けるなんて、公務員試験ではあり得ないことでした。(たとえ実数が分からない「若干名」という表記でも、募集要項にはとりあえず書いてあった) でも、バタバタドタドタの公務員削減の影響で採用数が決まらず、募集要項に採用数が掲載できない「後出しジャンケン」がいつのまにか当たり前に・・・。
 今年も、すでに一次試験が4月に終わった国家総合職の採用数がようやく発表になったばかりで、6月実施の国家一般大卒もまだ採用数が決まってない。いわんや、国家一般高卒をや。
 まあ、総定員を決めて、上級職から順に決めていきますから、まだまだ高卒の採用数が出るのは先でしょうね。

 ただ、傾向を見るために、今回発表になった国家総合職の採用予定数を見ると、

 国家総合(院卒) 2012年度155名 → 2013年度200名 前年度比129%上
 国家総合(大卒) 2012年度365名 → 2013年度485名 前年度比133%上

 と、おおむね30%アップ。すべての試験がそうなるというわけではないでしょうけど、「新規採用だけを削って公務員削減」といういびつな人事政策は、ようやく是正の方向に向かっていると言うことでしょうか。まあ、高卒の採用枠が出るまでは油断はできませんが、いい方向に向かっているような気がします。

| http://blog.kouzemi.ac.jp/index.php?e=1824 |
| | 05:00 PM | comments (0) | trackback (0) |
福岡県で集団討論
 福岡県事務職の採用試験で、今年から集団討論が入るという発表があってますね。
 集団討論は、いっときはやったのですが、「課題の選定の仕方(高校生は知らないような議題を選んでまったく話が進まないとか、全員賛成するしかないような話題ですぐ議論が終わってしまうとか)」や「試験官側の技量」の問題もあって、ややフェードアウト気味。受験者が多い試験としては、佐賀県警Bで数年前まで実施していいましたがけど今はなくなってます。
 さて、それで福岡県の集団討論の話です。
 県の上級職(大卒程度)では集団討論はどの県でも実施されるのが普通ですし、面接官もそれなりの研修を受ける機会もあると思われますので「うまくいかない」ということはないでしょう。結論を言えば、個別面接や作文試験と比べて、試験としての有効性がどの程度あるかということでしょうね。合格者の質が上がれば効果があったということになりますし、今までと変わらないでは「苦労してする意味がない」わけで。


| http://blog.kouzemi.ac.jp/index.php?e=1823 |
| | 09:43 AM | comments (0) | trackback (0) |
避難訓練
 さて、今日は、消防法で定められた年1回の避難訓練です。例年通り、ある時間にある場所から出火して、訓練は無事終了しました。
 こんなんしなくても良さそうですけど、人間って動転すると普段思っていたのと違う行動とったりしますので、やっぱり「実際、体を動かして体験しておくこと」は大切だと思います。
 しったかぶりを発揮すると、防災心理学ってのが、最近注目を集めてます。聞きかじりで申し訳ないけど、「同調バイアス」と「正常性バイアス」ってのが非常時に働きがちで、客観的に見るとどう考えても危険なんだけど、本人たちは「大丈夫だろう、なんとかなるだろう」ってことで適切な対応が取れないっのが惨事を大きくする原因としてクローズアップされてます。
 特にビル建築になっていることが多い専門学校は、普通のオフィスビルではあり得ないほどの人数(一部屋に30人とか、一階に100人とか)が入っているので、無事に避難することはとても重要なんですよ。いっときに避難するために、必要とされる階段の幅なんかもぜんぜん違うしね。
 ・・・ってことで、備えあれば憂いなし。当たり前のことが当たり前にできることが大切ってことが、避難訓練のテーマでございました。

| http://blog.kouzemi.ac.jp/index.php?e=1822 |
| | 06:26 PM | comments (0) | trackback (0) |
海の中道 春の遠足!
 さて、公ゼミ恒例の春の遠足、そしてオリエンテーリングです。これを経て、ぐっとクラスがほぐれてくるんですよねチョキ
▼まず、グループごとに分かれて、作戦会議(?)
オリエンテーリング中 その1
▼ そして、広~い公園内を、目的のポストを探してさまよい歩くわけです。歩いて、歩いて、歩きまくる。
オリエンテーリング中 その2オリエンテーリング中 その3
オリエンテーリング中 その4オリエンテーリング中 その5
オリエンテーリング中 その6オリエンテーリング中 その7
▼今年は、上位3チームを掲載にこっ (正答が間違ってて、後から順位変更してゴメンナサイ) ※クリックすると大きくなります



▼無事終了すると、ゴハン→オヤツ→スポーツですねおにぎり
ゴハンオヤツ
スポーツ1スポーツ2

▼最後にクラス写真を撮っておしまいにかっ。※クリックすると大きくなります





| http://blog.kouzemi.ac.jp/index.php?e=1821 |
| | 07:49 PM | comments (0) | trackback (0) |
国家公務員 削減緩和
 少し報告が遅くなりましたが、3月26日、国家公務員の新規採用方針が閣議決定されました。
 で、結論を言えば、前政権の削減方針が見直され、ここ数年続いた過酷な人員削減は緩和される見込みです。
 詳しく紹介すると、いままで政府全体(閣議決定)で削減幅を決めていたのを、各府省庁の判断で決められるようになるそうです。つまり、府省庁の自由度が高まる形となるわけです。
 以下、総務大臣の記者会見での発言をそのまま収録しておきます。
 「全体としては厳しく管理していく方針であります。実際、この採用上限もですね、この、21年度の採用実績が8500人でございました。これを基礎にして、それから、更にどの程度削減するか、抑制するかと、こういうことだったわけでありますが、前政権時代の2か年では、5300人、6300人と、こういう形で採用していたのですね。我々は、25年度は、今年度でございますけれども、4100人という形で厳しく抑制しているわけであります。しかし、そうしたことをやった結果、今度は、新規採用を手控えることによって、年齢層にばらつきが出まして、組織のゆがみが出てしまう。それから、新たに公務員になりたいという方々の門戸をですね、これを狭めることになると、こういうことがございます。ですから、そこは過度な抑制ではなく、必要に応じてやるのだということがあります。・・・総合的には人件費抑制の観点から、厳しく定員管理はしてまいりますが、しかし、その枠の中で必要なところにはめりはりを付けて、きちんと付けていこうと、そういうことを私は考えているし、いろいろな工夫の余地があるということで考えております。」
 本来、団塊の世代の退職時期と重なり多数の退職者が出ている構造にもかかわらず、さらに新規採用を絞るというかなり無理のあることをしていたわけですが、ようやくなんとかなりそうです。
 すでに発表になった財務専門官(大卒程度の採用試験です)は、昨年度62名の募集に対して、本年度は140名とかなり増えていますね。この閣議決定だけが要因ではないと思いますが・・・。


| http://blog.kouzemi.ac.jp/index.php?e=1820 |
| | 11:46 AM | comments (0) | trackback (0) |
雨の入学式・・・
 今年はあいにくの雨模様の入学式となってしまいました。場所は例年通り、福岡市民会館です。
▼続々とあつまってくる学生たち
入学式前1
▼できあがっている学生証と通学定期の書類を受け取ります
入学式前2
▼もう入学直前授業を1ヵ月やっているので、他校と違いわりとリラックスムード
入学式前3

▼大林先生の開会の辞でスタート
入学式1
▼永沼校長、三森理事長のあいさつを聞いて・・・
入学式2
▼田中同窓会長と昨年度卒業生の高木さんの激励を受けた後・・・
入学式3
▼各クラスの代表が決意表明・・・
入学式4
▼みんな真剣に聞いていました。身が引き締まったかな?
入学式5
▼続いて父母懇談会。多数のご参加ありがとうございます。
父母懇談会1
▼みなさん、熱心に話を聞いていただきました。
父母懇談会2

 さあ、いよいよホンマもんの新学期です。1年間、頑張っていきましょ~!

| http://blog.kouzemi.ac.jp/index.php?e=1819 |
| | 06:19 PM | comments (0) | trackback (0) |
国家公務員 受験の事前登録始まる
 さて、国家公務員試験(裁判所・衆議院・参議院を除く)で導入されたネット申込み、今日から事前登録の受付が始まりました。
 人事院のお先棒を担ぐわけではないけど(慣用句=『人事院のさせたいことを先頭にたってさせる』ってな意味)、ネット申込み便利です。まず、願書を取り寄せなくてよい、郵便局に出しに行かなくてよい、郵送料が要らない・・・。いいことだらけです。スマホからも、gmail(android)やiCloudメール(iphone)で登録することができます。音楽聞いたり、ゲームするだけじゃなくて、たまには役立つことに使ってみましょ。(もちろんパソコンでemailを受信できるなら、なおよろし)
 今日から登録しておけば、あとは国家一般でも、税務職でも、海上保安官でも、刑務官でも、受験申込みをするだけです。(名前や住所は自動的に入りますので、何回も入れなくてOK)
 高校生の皆さん、まずチャレンジして「いよいよ受験だぞ!」っていう気持ちを高めてみましょう。

 大人のお言葉
・ezweb.ne.jp、docomo.ne.jp、softbank.ne.jpなどの携帯メール(キャリアメール)での申込みはできません。プログラムではねつけられます。
・パスワード(自分で自由に決める)・ユーザーID(メールで送られてくる)は、忘れないよう紙にメモしておきましょう。「スマホのメモアプリに書きとめてたけど、スマホが壊れて全部わからなくなった」では受験できなくなります。
・この事前登録は、住所や氏名を登録する操作です。受験申込みは決められた期間に別にしなくてはいけません。事前登録だけでは受験できません。
・試験の前に、受験票をダウンロードしてプリントアウトする必要があります。そのときだけ、プリンターが接続されているパソコンが必要です。(なお、そのパソコンでメールを受信できる必要はありません) 自宅や進路指導室のパソコンからすればOKです。。
・人事院ではスマートホンの利用は、保障していません。公ゼミの学生には利用させていますが、本記事に従った結果について公務員ゼミナールでは責を負いません。



| http://blog.kouzemi.ac.jp/index.php?e=1818 |
| | 03:39 PM | comments (0) | trackback (0) |
入学直前授業 最終日
 さて3月上旬から始まった入学直前授業も、あっという間に最終日です。
 本来なら最終日の様子をレポートすべきところですが、わたくしは公ゼミ熊本校に研修のため出張中。
 昨日がわたしの3月最後の授業で、「入学式までのこの春休みが、最後のまとまった休みです! じゃあ、入学後の授業をお楽しみに~」(クラスによって若干違うこと言ったけど・・・)と、しばしのさよならの挨拶をしておきました。3月は、まだまだ緊張のとれないムードでしたが、この休みに「公務員を目指す決意」を固めて入学式に臨んでほしいと思います。




| http://blog.kouzemi.ac.jp/index.php?e=1817 |
| | 03:16 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑